日新火災の住宅向け火災保険のことは、「教えて!火災保険」運営:あおば総合保険株式会社にお任せください。

住宅向け火災保険のことなら

「教えて!火災保険」
運営:あおば総合保険株式会社

〒260-0852 千葉県千葉市中央区青葉町1234-18

 

マンションドクター火災保険、住自在、住宅安心保険の見積りと申込みは

0120-27-3954

お電話受付時間

受付時間:9:00~18:00   
   土:9:00~12:00   
(日祝定休)※マンションドクター火災保険のお問合せは土日祝日でも大丈夫です。    

お気軽にお問合せください

日新火災の火災保険商品「マンションドクター火災保険」「住自在」「住宅安心保険」「マンション・アパートオーナーズプラン」のことなら日新火災の専属、専業プロ代理店のあおば総合保険株式会社にお任せください。※マンションドクター火災保険も全国対応できます。

マンションドクター火災保険の対応エリア:全国対応

住自在、住宅安心保険の対応エリア:全国対応

賃貸入居者向けの火災保険。日新火災の住宅安心保険をおすすめします!

住宅安心保険

当サイト(教えて!賃貸火災保険)では、賃貸入居者のあなたに火災保険商品として日新火災の「住宅安心保険」をご案内しています。

基本補償の他に、オプション(特約)が充実しておりますので、マンションやアパートでお部屋を借りる時や一軒家を借りる時の方にぴったりな火災保険です。

住宅安心保険の商品構成

基本的な補償

①火災

②落雷

③破裂、爆発

④風災・雹(ひょう)災・雪災

⑤水災

⑥建物外部からの物体の飛来・落下・衝突もしくは倒壊または建物内部での車両もしくはその積載物の衝突もしくは接触

⑦騒擾(じょう)・集団行動・労働争議に伴う暴力行為・破壊行為

⑧給排水設備または他人の戸室で生じた事故による水ぬれ(給排水設備自体に生じた損害を除きます。)

⑨盗難による盗取、損傷または汚損

⑩通貨・預貯金証書の盗難

破損・汚損

費用補償

  • 臨時費用保険金
  • 残存物取片づけ費用保険金
  • 失火見舞費用保険金
  • 修理付帯費用保険金
  • 特別費用保険金
  • 損害防止費用

オプション(特約)

  • 個人賠償責任総合補償特約
  • 借家人賠償責任・修理費用総合補償特約
  • 建物管理賠償責任補償特約
  • 家賃損失補償特約
  • 類焼損害補償特約
  • 持ち出し家財補償特約
  • 地震火災費用補償特約
  • 仮すまい費用補償特約

※地震保険は住宅安心保険などの火災保険とセットでお申込みいただけます。

住宅安心保険の補償内容

住宅安心保険の各補償内容をご紹介します。

火災、落雷、破裂・爆発

お支払いする保険金の額

①~⑨、⑪の事故の場合、新価額を基準に、損害の額から申込書記載の自己負担額(免責金額)を差し引いた額をお支払いします(保険金額が限度)ただし、保険の対象が明記物件の場合は時価額を基準とし、次の計算式により算出した額をお支払いします。

損害の額-申込書記載の自己負担額(免責金額)×保険金額÷時価額

=損害保険金の額

※保険金額が時価額を超える場合は、時価額とします。

家財をご契約いただく場合、以下のものは申込書に明記いただかないと補償の対象となりません。

  • 貴金属、宝石、美術品等で1個または1組 の価額が30万円を超えるもの
  • 稿本、設計書、図案、証書、帳簿その他こ れらに類する物

保険のプロが教える火災、落雷、破裂・爆発のポイント!

火災原因の一番は放火であると言われています。自分が如何に火災事故にならないように気を付けていても、放火や他人からのもらい火など防ぎきれないこともあります。

風災・雹(ひょう)災・雪災

                                    自然災害に関する危険                                        

お支払いする保険金の額

①~⑨、⑪の事故の場合、新価額を基準に、損害の額から申込書記載の自己負担額(免責金額)を差し引いた額をお支払いします(保険金額が限度)ただし、保険の対象が明記物件の場合は時価額を基準とし、次の計算式により算出した額をお支払いします。

損害の額-申込書記載の自己負担額(免責金額)×保険金額÷時価額

=損害保険金の額

※保険金額が時価額を超える場合は、時価額とします。

家財をご契約いただく場合、以下のものは申込書に明記いただかないと補償の対象となりません。

  • 貴金属、宝石、美術品等で1個または1組 の価額が30万円を超えるもの
  • 稿本、設計書、図案、証書、帳簿その他こ れらに類する物
保険のプロが教える風災・雹(ひょう)災・雪災のポイント!

家財が、風災・雹(ひょう)災・雪災によって損害を受ける可能性はありますが、損害の額が5万円、10万円といった比較的小さめな損害も考えられます。保険会社の商品によっては損害額が20万円以上とならないと補償されない保険商品もありますのでご注意ください。「教えて!火災保険」がご案内している住宅安心保険は、風災・雹(ひょう)災・雪災について自己負担額の設定をしたご案内をしておりませんので、ご安心ください。(自己負担額の設定をお願いすることもあります。)

水災

                                    自然災害に関する危険                                        

床上浸水等の条件を満たさない損害は対象となりません。

お支払いする保険金の額

①~⑨、⑪の事故の場合、新価額を基準に、損害の額から申込書記載の自己負担額(免責金額)を差し引いた額をお支払いします(保険金額が限度)ただし、保険の対象が明記物件の場合は時価額を基準とし、次の計算式により算出した額をお支払いします。

損害の額-申込書記載の自己負担額(免責金額)×保険金額÷時価額

=損害保険金の額

※保険金額が時価額を超える場合は、時価額とします。

家財をご契約いただく場合、以下のものは申込書に明記いただかないと補償の対象となりません。

  • 貴金属、宝石、美術品等で1個または1組 の価額が30万円を超えるもの
  • 稿本、設計書、図案、証書、帳簿その他こ れらに類する物
保険のプロが教える水災のポイント!

1つの考え方として、高台にある住宅で2階以上にお住まいであればこの補償を付けないという選択肢もあるかもしれません。

もし、水災害で住宅が水浸しになったとなりますと事故のケースによっては大きな損失となる恐れがあります。この水災の補償は必要なのか不要なのかをしっかり見極める必要があります。

※地震による津波や水害など、地震が原因であれば、住宅安心保険(火災保険)の水災害の補償は対象となりません。地震による津波等は地震保険から補償を受ける事になりますのでご注意ください。

「教えて!火災保険」では水災の補償を付けずに保険料を合理的にする火災保険のプランをご用意しております。

物体の飛来・落下・衝突・倒壊等

                                           その他の危険                                              

お支払いする保険金の額

①~⑨、⑪の事故の場合、新価額を基準に、損害の額から申込書記載の自己負担額(免責金額)を差し引いた額をお支払いします(保険金額が限度)ただし、保険の対象が明記物件の場合は時価額を基準とし、次の計算式により算出した額をお支払いします。

損害の額-申込書記載の自己負担額(免責金額)×保険金額÷時価額

=損害保険金の額

※保険金額が時価額を超える場合は、時価額とします。

家財をご契約いただく場合、以下のものは申込書に明記いただかないと補償の対象となりません。

  • 貴金属、宝石、美術品等で1個または1組 の価額が30万円を超えるもの
  • 稿本、設計書、図案、証書、帳簿その他こ れらに類する物
保険のプロが教える物体の飛来・落下・衝突・倒壊等のポイント!

あなたの住む住宅に、車が飛び込んできた時に自分の家財が壊れたのならば、事故を起こした相手に弁償していただく、それが普通なのかも知れません。しかし損害賠償は時価額となりますので、事故を起こした相手はあなたに迷惑を掛けてしまった家財の時価額を払うことになり、あなたが事故の相手に家財の損害を新価額で請求をしても新価額で払われることは難しいことになります。

相手側から賠償が受けられない場合などでもご自身の火災保険を使用すれば支払われる場合があります。その場合は、相手には保険会社が求償します。

盗難

                                           その他の危険                                              

お支払いする保険金の額

①~⑨、⑪の事故の場合、新価額を基準に、損害の額から申込書記載の自己負担額(免責金額)を差し引いた額をお支払いします(保険金額が限度)ただし、保険の対象が明記物件の場合は時価額を基準とし、次の計算式により算出した額をお支払いします。

損害の額-申込書記載の自己負担額(免責金額)×保険金額÷時価額

=損害保険金の額

※保険金額が時価額を超える場合は、時価額とします。

家財をご契約いただく場合、以下のものは申込書に明記いただかないと補償の対象となりません。

  • 貴金属、宝石、美術品等で1個または1組 の価額が30万円を超えるもの
  • 稿本、設計書、図案、証書、帳簿その他こ れらに類する物
保険のプロが教える盗難のポイント!

注意しなくてはならないのは明記物件。1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・美術品等の明記物件については、申込書に明記いただかないと補償の対象となりません。明記物件がある人は必ずご契約前にお伝えください。

(明記物件が盗難にあった場合、支払限度額は1個または1組ごとに100万円限度となります。)

現金・預貯金証書の盗難

お支払いする保険金の額

保険の対象が家財の場合のみ

(1回の事故につき、1敷地内ごとに現金20万円、預貯金証書は200万円または家財の保険金額のいずれか低い額が限度)

保険のプロが教える通貨、預貯金証書の盗難のポイント!

住宅安心保険には家財が保険の目的であれば、通貨、預貯金証書には補償がありますが、こららの補償には限度額があります。必ず確認しておきましょう。

騒擾・集団行動・労働争議に伴う暴力行為・破壊行為

                                           その他の危険                                              

お支払いする保険金の額

①~⑨、⑪の事故の場合、新価額を基準に、損害の額から申込書記載の自己負担額(免責金額)を差し引いた額をお支払いします(保険金額が限度)ただし、保険の対象が明記物件の場合は時価額を基準とし、次の計算式により算出した額をお支払いします。

損害の額-申込書記載の自己負担額(免責金額)×保険金額÷時価額

=損害保険金の額

※保険金額が時価額を超える場合は、時価額とします。

家財をご契約いただく場合、以下のものは申込書に明記いただかないと補償の対象となりません。

  • 貴金属、宝石、美術品等で1個または1組 の価額が30万円を超えるもの
  • 稿本、設計書、図案、証書、帳簿その他こ れらに類する物

水ぬれ

                                           その他の危険                                              

自然劣化等による雨漏りの損害は対象となりません。

お支払いする保険金の額

①~⑨、⑪の事故の場合、新価額を基準に、損害の額から申込書記載の自己負担額(免責金額)を差し引いた額をお支払いします(保険金額が限度)ただし、保険の対象が明記物件の場合は時価額を基準とし、次の計算式により算出した額をお支払いします。

損害の額-申込書記載の自己負担額(免責金額)×保険金額÷時価額

=損害保険金の額

※保険金額が時価額を超える場合は、時価額とします。

家財をご契約いただく場合、以下のものは申込書に明記いただかないと補償の対象となりません。

  • 貴金属、宝石、美術品等で1個または1組 の価額が30万円を超えるもの
  • 稿本、設計書、図案、証書、帳簿その他こ れらに類する物
保険のプロが教える水ぬれのポイント!

集合住宅の事故で意外と多いのが、この水ぬれ事故。水ぬれ事故にはこんな可能性があります。

  1. 自分で起こしてしまう水ぬれ事故
  2. 上の階やお隣さんが水ぬれ事故を起こしてしまい、あなたが被害者の事故
  3. 大家さんの専有部分で水ぬれ事故が起きてしまい、あなたが被害者の事故

重ねての説明になりますが、損害賠償責任補償の金額は時価額です。2や3の事故のように相手の不注意や管理上の不備により、あなたの家財が水浸しになって相手に弁償を求めても、支払われる金額はあなたの家財の時価額までとなります。このような、もらい事故にも自分の火災保険が役に立つと覚えておきましょう。

破損・汚損等

                                           その他の危険                                              

①火災、落雷、破裂・爆発

②風災・ひょう災・雪災

③水災

④建物外部からの物体の飛来、落下、衝突もしくは倒壊または建物内部での車両もしくはその積載物の衝突もしくは接触

⑤騒擾(じょう)・集団行動・労働争議に伴う暴力行為・破壊行為

⑥給排水設備または他人の戸室で生じた事故による水ぬれ(給排水設備自体に生じた損害を除きます。)

⑦盗難による盗取、損傷または汚損

⑧通貨・預貯金証書の盗難

破損・汚損等は①~⑧以外の不測かつ突発的な事故が対象となります。

自己負担額は保険の対象ごとに1万円です。

※保険の対象が家財の場合は、一回の事故につき、1個または1組ごとに30万円が限度

保険のプロが教える破損・汚損等のポイント!

破損・汚損等は人為的な不注意による損害が多いです。