日新火災の住宅向け火災保険のことは、「教えて!火災保険」運営:あおば総合保険株式会社にお任せください。

住宅向け火災保険のことなら

「教えて!火災保険」
運営:あおば総合保険株式会社

〒260-0852 千葉県千葉市中央区青葉町1234-18

 

マンションドクター火災保険、住自在、住宅安心保険の見積りと申込みは

0120-27-3954

お電話受付時間

受付時間:9:00~18:00   
   土:9:00~12:00   
(日祝定休)※マンションドクター火災保険のお問合せは土日祝日でも大丈夫です。    

お気軽にお問合せください

日新火災の火災保険商品「マンションドクター火災保険」「住自在」「住宅安心保険」「マンション・アパートオーナーズプラン」のことなら日新火災の専属、専業プロ代理店のあおば総合保険株式会社にお任せください。※マンションドクター火災保険も全国対応できます。

マンションドクター火災保険の対応エリア:全国対応

住自在、住宅安心保険の対応エリア:全国対応

保険代理店の選び方

保険の代理店を選ぶうえで重要なこと

保険のプロと言っても実は様々です。

ある生命保険会社の直販社員から独立して取り扱い保険会社を増やし、保険会社の直販社員時代に勉強したノウハウを得て、新たな顧客を探しつつ損保会社とも乗り合い保険代理店を経営する生保出身の生保販売を中心とした保険代理店

損害保険会社による一定の研修期間を終え、損保研修期間で得た顧客を経営の基盤に生保会社とも乗り合い独立開業をする損保会社出身の損保販売を中心とした保険代理店

ある分野で特化した知識を有するのではなく、幅広い知識を必要とするファイナンシャルプランナー。など、保険を販売する人は沢山いますが、一般的には、それぞれに強みが違います。

生保系出身

損保系出身

弊社はこの損保会社出身の保険代理店です。

独立系FP

損保系出身の保険代理店の中でも、自動車保険に強みをもつ代理店、火災保険が強い代理店、賠償責任保険や傷害保険などの販売を中心とした企業系に強い代理店と分かれたりします。

医療の格差のようにそんな保険代理店にも格差がある?

火災保険の販売チャネルには我々保険の専業代理店のほかに、金融機関(銀行など)不動産会社などの副業代理店があります。

また、火災保険を販売する上で実務を経験しながら契約を年間100件など行っている代理店もいれば、実務知識に乏しく火災保険の販売は年間数件程度といった代理店もいます。火災保険を販売しても、その後の事故の相談、契約内容変更の相談などは保険会社に任せるスタンスを取っている代理店から加入するのは好ましいとは思えません。かつて自分がそうであったようにお客様に対して的確なアドバイスをいただけないばかりか、事故が起きたとしても頼りにならない存在だからなのです。

せっかくあなたの大切なお金を使って火災保険に入るならば、実務経験が豊富で信用のおける事故が起きたときに相談のできるところから契約をするのがベストだと思います。

保険のプロにも色々特徴があります。

餅屋は餅屋。保険の事に詳しいプロ代理店に相談しましょう!

プロ野球選手にはピッチャーで4番を打つ選手がいませんし、プロのサッカー選手でゴールキーパーはFWの仕事を兼任している選手はいません。

それぞれの専門家は、専門性の高いそれぞれのポジションでの仕事が専門的にできるものではないか?というのが弊社の考えです。

住宅(マンション)を購入する時、お金を貸すのは金融機関、不動産登記は司法書士が行い、引越しは引越し業者が、それぞれの専門家が仕事をするものです。

ところが住宅を購入するときに、火災保険はハウスメーカーや仲介業者、金融機関が保険の代理店となっていることが多く、住宅を購入することを知っている保険代理店から加入をする契約者が多いのが実態にあります。

厄介な事故が起きた時、契約内容の変更が必要となった時、保険対象となる事故か判断できない時など、火災保険は契約後に相談が必要となることもありますので、損害保険に詳しいプロの代理店も選択肢に入れるべきです。最終的にどこから保険に入るのか?は契約者がよく考える必要があります。

損害保険のプロと言っても

  • 運送会社、タクシー会社などの契約保有が多い自動車保険が強い代理店
  • 一般物件、住宅物件などの火災保険に強い代理店
  • 法人顧客の保有比率が多い傷害保険、賠償責任保険に強い代理店

等さまざま。自動車事故による相談件数が多い代理店さんは自動車保険が強みとなりますし、火災保険に関する事故が多い代理店は火災保険が強みとなります。これに経験年数が加われば、自動車保険に強いプロ代理店、火災保険に強いプロ代理店と言えるでしょう。

お客様の事故を経験した件数が多ければ多いほど、他のお客様にこんな事故があったと話をすることが出来ますので、我々保険代理店の財産になるのです。

保険代理店もそれぞれ得意な分野が違いますので、お客様による保険代理店の見極めも重要な要素といえるでしょう。

保険のプロ以外にも様々な保険販売チャネルがあります。

我々保険のプロ代理店のほかに資格や要件を満たして火災保険を販売されている不動産会社、金融機関などがあります。また、我々プロ代理店は保険専業代理店であるのに対して不動産会社、金融機関は副業代理店と言います。

チャネル別代理店はこちらをクリック

プロの保険代理店を選ぶ上で外せないのは「経験値」

一昔前は、保険営業はGNP(義理、人情、プレゼント)という言葉がありました。保険会社の各種商品には今のように補償内容の違いがほとんど無かったため誰から保険に入ろうが同じ商品であったからだと思われます。時代は変わり、今や保険代理店は顧客から選ばれる時代に入ったと言えます。

民間の保険商品は、国や自治体の保険(自賠責保険、健康保険など)では補い切れない補償(保障)を自らが用意するべき任意保険ですから、全て自己責任なのです。しかし民間の保険は一般の人では理解するのが難しいため、我々のような「保険の代理店」がいるわけですので、我々保険代理店は公共性の高い仕事をしていると思います。

あなたがどんな保険代理店と巡り合えるかによって、人生や生活に影響を与えることもあるかも知れません。

何故その保険が必要なのか?保険代理店としての経験を踏まえた上でお客様が困っているときに「お客様にしっかりリスクをアドバイスできる」そんな代理店を選ぶと良いでしょう。もちろん副業代理店、保険営業をはじめて間もない人でも、あなたの為に一生懸命に動いてくれる人もいると思いますので自分の為になってくれそうな代理店を選ぶのは言うまでもありません。

お互いの相性も大切です。

保険代理店を選ぶうえで、事故の相談件数や保険代理店の経験年数、相性も重要です。

  • 保険の仕事はできそうだけど、なんだか自分には合わない
  • 身だしなみがきちんとしていない
  • 火災保険を良く分かっていない
  • 住宅ローン利用者に地震保険は不要と言う
  • 言葉遣いが悪い

火災保険契約は5年や10年といった長期契約になるケースがほとんどです。保険を売る人も、買う人も相性というものがあります。10年契約の火災保険に加入をしたのなら基本的には保険の満期まで付き合うことになります。

その間に「事故が起きても相談もフォローをしてくれない」「契約内容の変更のお願いをしたがやってくれない」など代理店と何か問題やトラブルがあったら大変です。保険の商品は良くても代理店と合わないなどとならないように注意しましょう。

当社の自己評価フローチャート

当社の自己評価フローチャートを作成してみました。当社の場合、比較的に火災保険の販売が多く火災保険は住宅向け火災保険、マンション火災保険(マンション共用部分、マンション一棟掛け)、火災保険その他(一般物件など)に分けてみました。

20段階で評価してみました。

  • 住宅向け火災保険 自己評価19 地震保険を含めた住宅向け火災保険の販売実績が多数あります。契約内容の変更、事故時における保険金請求の手伝いも数多く実績があります。
  • マンション火災保険 自己評価18 マンション一棟掛けの火災保険は数多くのご契約があります。マンション共用部分の火災保険は管理会社が代理店となっているケースが圧倒的で管理会社に契約がついているので契約の件数は多くはない為、多少評価を低くしました。
  • 火災保険その他 自己評価17 住宅物件以外の一般物件は比較的、短期契約などのご契約が多いため、販売について積極的ではありません。

以上、火災保険の自己評価は比較的高めとしました。


  • 自動車保険 自己評価17 火災保険と同じくご契約の件数で多いのは自動車保険。自動車保険は少子高齢化社会に伴い若者の市場が薄いことと同時に若者の車離れ、自動運転システムの導入により自動車保険離れが加速していくと考えているため、既存の顧客、既存顧客からの紹介契約など限られた中でしかお引受していません。
  • 賠償責任保険 自己評価16
  • 傷害保険 自己評価16

※以上のようになりました。こちらはあくまでの自己評価であり、顧客から評価されたものではありません。

どんな代理店は避けるべき?

保険代理店には得意分野があります。火災保険に詳しい代理店もいれば、代理店としての売上高のうち自動車保険の販売が70%を超えるような自動車保険をメインとする代理店。傷害保険、新種保険の販売がメインの法人顧客が得意な代理店。生命保険の販売が主で損害保険商品の販売は付帯的な代理店。代理店の形態には様々ありますが、もしも何かあったときにあなたに役に立てる代理店を選びましょう。

代理店を選ぶと言っても知り合いにいないといった方が大半を占めると思います。例えば住宅を購入するときに火災保険に加入しますが、この時には金融機関、金融機関別働体代理店、ハウスメーカー、ファイナンシャルプランナー、プロ保険代理店などと知り合う機会が考えられます。

その中で、火災保険のコンサルティングができないために

できれば避けたいこんな代理店①

こんな代理店

Aプラン、Bプラン、Cプランこの中から選んでくださいといった定形のパターン販売をしてくる代理店

理由

コンサルティングができないのは、火災保険の知識が乏しいためです。

できれば避けたいこんな代理店②

こんな代理店

あなたに、この補償は絶対必要。または絶対必要ない等といった断定的な発言をする代理店
理由正確性のない情報は全くあてになりません。お客様へ火災保険の損害リスクは全て説明するべきです。

できれば避けたいこんな代理店③

こんな代理店地震保険にお金を掛けるくらいなら終身保険など貯蓄性のある商品でその分積立ててはいかがですか?といった本来の趣旨とは異なる保険をすすめてくる代理店
理由生保商品をすすめたいが為に、理由もなく火災保険の補償を削らせてしまうのは危険です。

これら①②③は実際に弊社のお客様から「こんな事がありましたと相談を受けたものです。

①のお客様は事故が起きているにも関わらず、火災保険の説明を聞いてないので保険事故に全く気がつかず、保険請求出来ませんでした。

②のお客様は水災は絶対に必要ないと代理店にすすめられて水災の補償を付けずに契約したが、床上浸水となってしまいました。

③のお客様はその後、東日本大震災によって住宅に相当の被害を受けてしまいました。

最近流行りのスーパーマーケットなどにある来店型の保険ショップなどは複数の保険会社の商品を扱っている点はメリットですが、あなたが担当者を決められない点がデメリットです。例えばですが、店頭に出てくるのは実務経験に乏しい新人さんが担当となってしまう恐れがあります。それに複数の火災保険商品を取り扱っている代理店か加入したとしも、結局選ぶのは1社の保険会社のみです。

実際、弊社の火災保険のカウンセリングには平均で1時間半~2時間かかるのが相場。火災保険を事前に勉強している人でさえ最低1時間は掛かります。つまり、数多くある保険会社の中から火災保険を選ぶというのは実態上、大変な作業なのです。

火災保険は長期契約となるためお互い(契約者と保険代理店)が長く付き合える関係でありたいものです。保険代理店を選ぶのはあなたです。加入後に担当者がすぐやめてしまったようだが次の人に会ったこともないので相談しづらくなってしまった等と後悔しないように慎重に選びましょう。

保険代理店を選ぶ上でのまとめ

お客様と代理店の相性も大切ですね!

保険を売る代理店には様々な形態がありますと紹介してきました。火災保険をどこから加入するかはよく考えることです。

  • 保険代理店の得意とする分野を契約者が見極める
  • 知識もあり経験値の高い代理店を選びましょう
  • 自分にとって役に立ってくれそうな相性の良い代理店を選びましょう

火災保険を販売するところは多くありますが、火災保険は事故が起きたときのために入るものなので、事故の際にはしっかりと相談に乗ってくれるそんな代理店を選ぶのが良いでしょう。