日新火災の「マンションドクター火災保険」「住宅安心保険」「住自在」「ビジネスプロパティ」等、火災保険のことは「教えて!火災保険」にお任せください!!

当社は21年の豊富な経験と知識の専業プロ保険代理店です。

「教えて!火災保険」
 運営:あおば総合保険株式会社

マンションドクター火災保険はこちら

 クリック

火災保険の対応エリアは全国OKです!

火災保険無料相談実施中
お気軽にお問合せください
受付時間:9:00~18:00
   土:9:00~17:00
(定休日:日曜日・祝日)
043-208-1635
あおば総合保険(株)

〒260-0852 千葉県千葉市中央区青葉町1234-18

あおば総合保険株式会社 最近の主な表彰・実績
令和2年
日新火災 全国ファミリー会員コンテスト
ビジサポ・労災あんしん保険新規件数部門1位
 
令和元年
日新火災 全国優績代理店表彰 
平成31年
日新火災 全国ファミリー会員コンテスト
労災あんしん保険部門1位
 
平成31年
日新火災 全国ファミリー会員コンテスト
増収部門2位
 

マンションドクター火災保険のことなら、日新火災の専属代理店「教えて!火災保険」運営:あおば総合保険株式会社にお任せください。

マンションドクター火災保険は、マンション管理組合特約付きすまいの保険のペットネームです。

マンション管理組合の皆様へ【マンションドクター火災保険】

マンション管理組合(共用部分)の火災保険と地震保険。見直しや比較をご検討されたい方へ

マンションドクター火災保険パンフレット

  • マンション共用部の火災保険が満期となるが、保険料が2倍以上になっているがいかがなものか。
  • うちのマンションはメンテナンスを行ってきたのに築年数で判断される保険料体系に納得できない。
  • マンション火災保険更新時に築年数が30年以上のためか​自己負担額のセットを進められた。
  • 個人賠償責任補償特約を外すプランを進められたけど、個人賠償責任補償特約を外してしまうとどのようなデメリットがあるのか分からない?
  • マンション共用部分の火災保険はもっと安い商品はないの?

​このようなマンション管理組合様の困った声を聞くようになりました。

マンションドクター火災保険は日新火災海上保険でしか扱っていないメンテナンス状況を保険料に反映させたマンション管理組合の為の火災保険。当社は日新火災の専業プロ代理店として自信を持ってマンションドクター火災保険をご紹介しています。管理組合の理事長、理事の皆様は、マンション共用部の保険を更新される前に是非ご覧ください。

マンションドクター火災保険の補償内容はオプションも幅広く申し分ないのですが、ひとつ短所があるとすれば、全ての管理組合様の保険料が低水準でご案内ができないことです。弊社のマンションドクター火災保険の契約率は約50%(平成30年1月現在)つまり2つの管理組合様のうち1つの管理組合様は契約に至りません。ご契約に至らないケースのほとんどは、マンションドクター火災保険では保険料の効果が得られないケースです。

では、マンションドクター火災保険の保険料はどうやって算出されるのでしょうか?保険料はマンションの診断結果次第で変わります。ですので、まずは「マンション管理診断サービスをお受けください。マンションドクター火災保険の保険料は個々のマンションによって異なるのです。

マンション管理適正化診断サービスは無料で受けられますし、診断終了後は必ずマンションドクター火災保険に加入しなくてはならないということもありません。またマンション管理診断サービスはマンション管理士からマンション管理状態のアドバイスを受けることができるという特典付きです。

マンションドクター火災保険のメリットは

マンション管理適正診断サービスを無料で受けられる

弊社から現状の火災保険や最新の火災保険の動向のアドバイスを無料で受けられる

③火災保険料削減の可能性がある(弊社取り扱い契約では最高43,2%の割引となったマンションがありました。)

この3つを管理組合様に提供することができます。マンションドクター火災保険を採用するしないに関わらず、管理組合様にとってこれらの情報提供はメリットのあることかと存じます。 特にマンションの管理状態が良ければ保険料に反映されますので、我こそはと自信のある管理組合様からは是非ご相談をお待ちしております。

マンションドクター火災保険のことなら日新火災の専属ファミリー会員であるプロ代理店の弊社にお任せいただければ幸いです。

「マンションドクター火災保険マンション管理組合特約付きすまいの保険
良質な管理に対して割安な保険料を!

※一般社団法人「日本マンション管理士会連合会」が実施する「マンション管理適正化診断サービス」における診断結果に基づき、割引が適用された場合

マンションドクター火災保険:管理組合の皆様こんなお悩みございませんか?

  • 火災保険更新の案内が来たが保険料がかなり上がったので見直しをしたい。
  • マンション共用部分の火災保険について一度、比較をしてみたい。
  • 管理会社が扱う火災保険の他に比較できないのかな?
  • マンション管理組合が入る火災保険で保険料を安くするにはどうしたら良いの?
  • メンテナンスをきちんとしているにも関わらず、保険料UPとなるのは納得ができない。

もし、あなたの管理組合が上記のようなお悩みがございましたら、メンテナンス状況に応じて保険料がきまる新しい火災保険、「マンションドクター火災保険」をご案内します。現在加入している保険と比較をしたい、見直しをしたい管理組合の理事長、理事の皆様必見です!

建築年だけで保険料が決まる火災保険にご加入の場合・・・
マンションドクター火災保険
マンションドクター火災保険

マンションドクター火災保険なら

メンテナンス状況に応じて保険料が決まる火災保険なので、診断結果によっては割安な保険料になる場合があります。

定期的にメンテナンスをしているのであれば保険料節約のチャンス!

マンション管理適正化診断サービスとは?

一般社団法人日本マンション管理士会連合会が実施するメンテナンス状況の診断サービスです。

マンション管理士とは

マンの住環境の維持・向上を目的として、マンションの管理の適正化の国家資国に資格者がおり、専門知識をもって管理組合の運営、大規模修繕等の建物構造上の技術的問題などについて、主に管理組合の立場でマンション管理に関する様々な問題の解決をサポートしています。

日本マンション管理士会連合会とは

や関係団体との連携、協力を進めながら、マンション管理士制度の普及理の適正大の目、2007ン管理士会の統一組織です。

マンションドクター火災保険POINT①マンション管理士診断割引

原則として、新規契約・更改契約問わずマンション管理士診断が必須です。

マンションドクター火災保険POINT②診断の有効期限

診断実施日より5年間有効(診断の有効期限内は再度診断を受けることはできません。)

※2016年12月31日以前に診断を実施した場合、保険始期日時点で築年数が20年未満の場合は診断実施日から5年、築年数が20年以上の場合は診断実施日から3年です。

マンションドクター火災保険POINT③診断時に必要な資料がございます

※診断には以下の資料が必要となりますので予めご用意ください。

管理規約、使用細則等の細則集

長期修繕計画(資金計画表含む。)

総会資料一式(過去1年分)、総会議事録(過去3年分)、理事会議事録(過去1年分)

管理委託契約書

⑤管理費・修繕積立金等の未収金一覧表

工事報告書 (大規模修繕工事報告書、給排水管工事報告書、保証書)

⑦法定点検の報告書(特殊建築物等定期調査報告書、建築設備定期検査報告書、防火設備定期検査報告書)

竣工図書一式 (設計図書一式)

消防用設備等点検結果報告書、結果総括表

現在の共用部分保険内容が確認できる資料(保険証券等の写しでも可)

保険金請求書類一式(保険金請求書控、保険金支払通知書等)

診断内容確認書(診断を行った管理。)(管理組合の署名・捺印が必要です。)

マンションドクター火災保険お見積もりまでの流れ

管理組合様からのお問合せから、マンションドクター火災保険お見積りまでの流れをご説明いたします。

下記、マンション管理適正化診断サービス申込フォームからお問合せください。

下記の「マンション管理適正化診断サービス申込フォーム」よりお問合せください。専用の診断依頼書をメールまたはFAXで送ります。「マンション管理適正化診断サービス申込フォーム」は無料です。

マンション管理士からの連絡

日本マンション管理士会連合会の診断マンション管理士から連絡があります。その際に診断実施日を打合せください。

診断実施 ※診断は無料です!

共用部分の確認なので、各区分所有者の専有部分に立ち入ることはありません。

注意※診断結果の有効期間は診断日から5年間となります。有効期間内は、診断後に大規模修繕工事等、評価に大きな影響がある工事を実施した場合を除いて、再度診断を受けることはできません。2016年12月31日以前に診断を実施した場合、診断実施日時点で築20年以上のマンションについては、診断結果の有効期間は診断実施日より3年間となります。

レポートの提供 無料

マンションドクター火災保険をご契約いただくかどうかにかかわらず、今後のマンション管理に向けた改善点等のアドバイスを記載した「診断レポート」をご提供します。

※マンション管理適正化診断サービスは予告なく内容を変更・終了することがありますので、あらかじめご了承ください。

マンション管理組合、マンション管理士および一般社団法人日本マンション管理士会連合会とは

マンションドクター火災保険の契約者となる「マンション管理組合」、マンションドクター火災保険において事前のメンテナンス状況の診断業務を担う「マンション管理士」、およびマンションドクター火災保険において当社が業務提携契約を締結している「一般社団法人日本マンション管理士会連合会」について説明します。

マンション管理組合とは

マンション管理組合とは、マンションの管理業務を執行する機関のことをいいます。最高意思決定機関である総会と業務を執行する理事会によって運営され、理事長、副理事長、複数の理事、監事、そして組合員(区分所有者)で構成されています。

[マンション管理組合の概要]

管理組合の発足時期

区分所有法では、「区分所有者は、全員で、建物並びにその敷地及び附属施設の管理を行うための団体を構成し、この法律の定めるところにより、集会を開き、規約を定め、及び管理者を置くことができる。」と規定しており、法律上当然に管理組合は発足します(集会、規約、管理者を置くことは任意です)。区分所有マンションの場合、管理組合は、売主から買主に最初の一戸の所有権が移ったときに発足します。

管理組合からの脱退 区分所有者は、所有権の発生とともに組合員となり、区分所有者である限り、決して管理組合から脱会することはできません。組合員としての資格を失うのは、マンションを売却するなどして所有権を失ったときに限られます。その場合、新しい区分所有者が前の区分所有者の権利と義務を引き継ぐことになります。管理費を滞納したまま所有権を移転した場合にはその義務も引き継ぐことになります。
重要事項の意思決定 重要事項とは、予算や決算、管理規約の改正、役員選出、活動報告、事業計画、大規模修繕工事などをいいます。総会は通常、年一回開催され、このほか、必要に応じて臨時総会が招集されます。議事は管理規約に別段の定めがない限り、出席組合員の過半数の賛成で決めることができます。しかし、特に重要な議案の場合は特別決議で決めなければなりません。
議決権

総会での決議に関する議決権は、「一戸一議決権」が一般的です。総会は議決権総数の半数にあたる組合員が出席すれば成立し、通常、議事は出席組合員の議決権の過半数の賛成で決められます。

マンション管理組合は、居住者の高齢化や空室の増加、管理費・修繕積立費の滞納率の増加などさまざまな問題を抱えており、近年では専門家によるコンサルティングの必要性が高まっています。

マンション管理士とは

増加する区分所有マンションの管理等の適正化を図るため平成12年「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」が制定されました。

この法律は、土地利用の高度化の進展その他国民の住生活を取り巻く環境の変化に伴い、多数の区分所有者が居住するマンションの重要性が増大していることにかんがみ、マンション管理士の資格を定め、マンション管理業者の登録制度を実施する等マンションの管理の適正化を推進するための措置を講じることにより、マンションにおける良好な居住環境の確保を図り、国民生活の安定向上と国民経済の健全な発展に寄与することを目的としています。

マンション管理士は専門知識をもって、管理組合の管理者やマンションの区分所有者などからのマンション管理組合の運営、大規模修繕等を含む建物構造上の技術的問題、その他マンションの維持・管理に関する相談に応じ、適切な助言や指導、援助等のコンサルティング業務を行うことが期待されています。現在全国に約2万人程度の有資格者がおり、管理組合の顧問として、また各自治体の窓口として活動しています。

一般社団法人日本マンション管理士会連合会とは

日新火災海上保険(株)は「(一社)日本マンション管理士会連合会」と提携し、診断は(一社)日本マンション管理士会連合会傘下のマンション管理士が行います。

「(一社)日本マンション管理士会連合会」は、国や関係団体との連携、協力を進めながら、マンション管理士制度の普及、周知に努力し、マンション管理の適正化を目指すことを最大の目的として、平成19年12月10日に設立された全国のマンション管理士会の統一組織です。

現在、マンション管理士会のない都道府県もありますが、これらの県に所在するマンション管理組合からの診断依頼があった場合には、近隣の都道府県の管理士が担当することになります。

連合会傘下の各管理士会については、連合会HP(http://www.nikkanren.org/)の「会員一覧」より確認してください。

診断から申込みまでの流れ

(1)診断制度の概要

診断制度の概要は下図のとおりです。

本制度では、(一社)日本マンション管理士会連合会(以下、「連合会」といいます。)傘下のマンション管理士が管理組合の管理実態やメンテナンス状況を診断することで、個々の物件のリスク実態に応じた火災保険の保険料やその他の引受条件を損害保険会社が決定できる仕組みとなっており、各関係者は以下のメリットを得ることが可能となっています。

 

マンションドクター火災保険 (本制度のメリット)

マンション管理組合様、マンション管理士様、あおば総合保険(株)にとって全てがウインウインの関係に!!

マンション管理組合にとって

  • 管理状況に応じた保険料の節減
  • レポートによる改善課題の認識
  • 損害保険会社では対応できない専門的なアドバイスの提供

マンション管理士にとって

  • 固有業務の拡大
  • 管理組合との接点の機会の拡大

あおば総合保険(株)にとって

  • マンションドクター火災保険のご契約による収入保険料の拡大

(2)診断から申込みまでの流れ

診断から申込みまでの全体の流れは次のようになります。

マンション管理適正化診断サービスのお申込み

日本マンション管理士会連合会、日新火災海上保険(株)へ連絡が入ります。

担当マンション管理士の決定

診断実施日の打合せ(担当マンション管理士からマンション管理組合様へ連絡が入ります。)

診断実施

マンション管理士から「マンション共用部分診断レポートの提供、あおば総合保険(株)からマンションドクター火災保険のお見積り

 

マンション管理適正化診断サービスをお申込みの前に

多くのケースでは、診断結果が良い場合は保険料が他社より安く、診断結果が悪い場合は他社より高くなります。診断は受けてみませんと何とも言えませんが、例えば下記の項目に未対応の項目が多い場合は割引が難しいこととなりますので御留意ください。

  • 国土交通省のガイドラインに沿った長期修繕計画がある
  • 管理費・修繕積立金の納付率が高い
  • 給水管・排水管のメンテナンスを行っている
  • 排水管の洗浄工事を行っている
  • 外壁の塗装の塗り直しや、屋上の防水が行われている

マンションドクター火災保険はメンテナンス状況を保険料に反映しています。メンテナンス状況が良いマンションはマンション管理適正化診断サービスをお申込みください。

 

マンション管理適正化診断サービス申込フォーム 

マンション管理適正化診断サービス※依頼は以下のフォームよりお願いいたします。

※マンション管理適正化診断サービスは無料で受けられます。どうぞご安心ください。分からない点はお電話をください。

あおば総合保険(株)連絡先 043-208-1635 担当 高倉まで

当フォームはSSL通信暗号化で保護されておりますので、ご安心ください。お問い合わせいただく内容及びお客様の個人情報は「個人情報保護方針」にのっとり管理いたします。

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

必須
必須

例)山田 太郎

必須

例)やまだ たろう

理事長様以外の方は記入してください。

必須
必須

(例:千代田区大手町1-1-1)

必須

(例:昭和56年9月、平成3年6月)

必須

(例:地上22階、地上30階地下1階)

必須

(例:18,615.17㎡ 30,551.02㎡など )※マンション共用部分の占有面積です。保険証券等に記載があります。

必須

(例:170戸室 340戸室など)

※店舗がある場合のみ記入ください(例:2戸室 5戸室など)

必須

令和2年9月30日、令和3年3月12日等とご記入ください

必須

(例:03-0000-0000)

必須

(例:sample@yamadahp.jp)

必須
  • 送信いただくお客様の個人情報の利用目的は、あおば総合保険㈱及び日新火災海上保険㈱、日本マンション管理士会連合会が、お客様にお見積りのご提示、マンション管理適正化診断サービス、それ以外での利用は一切いたしません。入力を頂きました情報につきましては、あおば総合保険㈱及び日新火災海上保険㈱、日本マンション管理士連合会に提供することに同意します。

    ありがとうございました。

    お客様よりお預かりした個人情報に関して、弊社は、個人情報保護の重要性に鑑み、 また、保護案に対する社会の信頼をより向上させるため、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他関連法令・ガイドラインを遵守して、個人情報を適正に取り扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。詳しくは同ホームページの個人情報保護方針をご覧ください。

    お見積り・お問合せはこちら

    「教えて!火災保険」運営:あおば総合保険株式会社のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。マンションドクター火災保険、住自在、住宅安心保険のお問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

    お問合わせはメールが便利かと思います。よろしくお願いします。

    よくあるご質問

    お問合わせ内容はマンションドクター火災保険に関することとさせていただきます。お気軽にご相談ください。

    お電話でのお問合せはこちら

    043-208-1635

    受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)※マンションドクター火災保険のお問合せは日曜、祭日でもお電話ください。