日新火災の「マンションドクター火災保険」「住宅安心保険」「住自在」「ビジネスプロパティ」火災保険のことは、「教えて!火災保険」にお任せください!!

当社は20年の豊富な経験と知識の専業プロ保険代理店です。

「教えて!火災保険」
 運営:あおば総合保険株式会社

マンションドクター火災保険はこちら

クリック

火災保険の対応エリアは全国OKです!

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

受付時間:9:00~18:00
   土:9:00~12:00
(定休日:日曜日・祝日)

0120-27-3954

住宅安心保険のことなら、日新火災の専属代理店「教えて!火災保険」運営:あおば総合保険株式会社にお任せください。

マンション・アパートオーナーズプラン地震保険のご案内

マンション・アパートオーナーズプラン地震保険

提供:神戸市

地震は、共同住宅建物に大きな損害を与える可能性があります。

万一の被災後のすみやかな復旧や、物件の建て直しを可能とするためにも、地震保険を是非ご契約ください(地震保険単独でのご契約はできません。住宅安心保険にセットしてご契約ください。)。

地震保険の概要

 地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする、火災・損壊・埋没・流失等によって保険の対象である建物が、次の区分による全損・半損・一部損となったときに保険金をお支払いします。

損害の程度

損害の判定基準

お支払いする保険金

全損

主要構造部の損害の額が時価額の50%以上となった場合、または焼失・流失部分が建物の延床面積の70%以上となった場合

建物の地震保険ご契約金額の全額

(時価額が限度)

半損

主要構造部の損害の額が時価額の20%以上50%未満となった場合、または焼失・流失部分が建物の延床面積の20%以上70%未満となった場合

建物の地震保険ご契約金額の50%

(時価額の50%が限度)

一部損

主要構造部の損害の額が時価額の3%以上20%未満となった場合、または建物が床上浸水または地盤面より45㎝を超える浸水を受け損害が生じた場合で、その建物が全損・半損に至らないとき

建物の地震保険ご契約金額の5%

(時価額の5%が限度)

   主要構造部…柱、はり、外壁、床、屋根、小屋組等

※お支払いする保険金は、1回の地震等による損害保険会社全社の支払保険金総額が7兆円を超える場合、算出された支払保険金総額に対する7兆円の割合によって削減されることがあります。(2015年4月現在)

<共同住宅建物における地震保険のご契約金額の設定方法>

主契約(住宅安心保険)のご契約金額の30%~50%の範囲内で以下の式を限度にご契約金額を設定いただきます。

地震保険ご契約金額の限度額  = 50,000千円×戸室数(注)

(注)戸室数は、居住世帯を異にする戸室数となります。同一の世帯が2以上の戸室に居住している場合はその戸室数はあわせて1戸となります。

 

お見積り・お問合せはこちら

「教えて!火災保険」運営:あおば総合保険株式会社のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。マンションドクター火災保険、住自在、住宅安心保険のお問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

お問合わせはメールが便利かと思います。よろしくお願いします。

よくあるご質問
  • 相談料は掛かりますか?
  • 保険料の見積りをしてくれますか?
  • 遠方でも対応してくれますか?

お問合わせは火災保険のご加入に関することとさせていただきます。お気軽にご相談ください。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)